2020年08月29日

【補聴器】聞こえるという事の意味

こんにちは、クラシカエルです。


当店が大事にしていることとして

「暮らしを楽しくするお手伝い」

というものがあります。


例えば補聴器。

聞こえないからテレビの音量が大きくなって家族にいつも注意される。

「怒られたくないから補聴器の相談に来た」

というお客様がいらっしゃった場合。


大事なのは

「補聴器をつけてテレビの音量を抑えても聞こえること」

そのものよりも

「音量が抑えられることで、家族でテレビを一緒に楽しめるようになる」

ことだとお伝えしています。


聞こえにくくなると話しかけられても気づかなかったり、

聞き間違えが増えたりしてだんだん会話自体が減ってしまうし、

出かけて人に会う事が億劫になった。

それが補聴器をつけることでご家族やお友達とのお話しを楽しめるようになる。

お出かけしてお友達に会いたくなる。

そんなきっかけとしての「補聴器」をご提案しています。


「クラシカエル」という店名には、私たちの思いが込められています。

今よりもほんの少し、日々を楽しく過ごすお手伝いを

私たちにさせてください。


       スクリーンショット (75).png


イオンモール日の出 専門店街1階「クラシカエル」でお待ちしています。


posted by クラシカエル at 09:00| 補聴器