2020年01月23日

補聴器の選び方 「何を聞きたいのか」

こんにちは、クラシカエルです。


補聴器のご相談をいただくときによく言われるのは
「どういう補聴器を選んだらいいのか分からない」
ということです。
皆様がそう思われるのももっともで、当店で扱っている補聴器は
メーカー4社、お値段にして78,000円から約60万円までありますが
見た目にはほとんど差がありません。


ではどうやって選べばいいか?


機種選びのポイントは色々ありますが、
今回は「形」「いつ、どこで使いたいか」についてお話しします。


まず「補聴器の形」ですが、大きく分けて2種類あります。
『耳掛けタイプ』『耳穴タイプ』ですね。
(実はポケット型というものもありますが、今回は省きます)

やはり補聴器を付けていることをあまり知られたくない、
目立たない物がいいという方が多く、以前は耳穴タイプをご希望の方が多数でした。
ですが、今は耳掛けタイプもかなり小さくなりまして、
耳穴タイプよりも目立ちにくいので、現在の主流は小型の耳掛けタイプになります。
ただ聴力によっては小型ではパワーが足りないこともあるので
聴力に合わせてお選びいただければ、と思います。

IMG_1394.jpg


次に「いつ、どこで使いたいか」です。
補聴器は「静かなところで、一対一の会話」であればどれを選んでも
聴こえの差がわかりにくいかと思います。
差は「騒がしいところ」「色々な方向からの音・会話」「音が反響しやすいところ」など
雑音や多方向からの声を聴きとらなければいけないときに出てきます。

「お家の中で、ご家族との会話」であれば機種によっての差はあまりないですが
『職場での会議』『街中での会話』『病院・役所』『パーティー』『音楽コンサート』など
色々な方向から、色々な声や音を聞きわけたいという方は
高機能補聴器をお選びいただく必要がございます。

どの機種が、どんなシーンに強いかはカタログを見ても中々わかりにくいと思うので
お店でスタッフに「こういう時に聞きたい」とご相談下されば
聴力も合わせて機種のご提案をさせていただきます。


「どんなときに困っているのか」「何を聞きたいのか」が補聴器選びの第一歩です。
どんなに高価な補聴器でも、目的に合ったものでなければ意味がありません。
まずはお話しを聞かせてください。
一緒に「貴方に一番合う補聴器」を選んでいきましょう。


イオンモール日の出1階専門店街『クラシカエル』でお待ちしています。

posted by クラシカエル at 09:00| 補聴器