2019年08月29日

補聴器お試しの前に。「言葉の聞き取り力チェック」してみませんか?

こんにちは、クラシカエルです。


今回は「言葉の聞き取り力」についてお話します。
補聴器はコンピューターで音の増幅を細かく調整しています。
お一人お一人、聞きにくい音がどの辺りの音なのか、どんな環境で使いたいのか、
何を聞こえるようにしたいのかなどをご要望おお聞きして調整いたします。
その中でも皆さんがおっしゃるのは「会話」をより聞き取りやすくしたいという点です。

最新の補聴器はどれも言葉の聞き取りに重点を置いた音作りをしていますので
どの機種でもある程度聞き取りを向上させることができます。
しかしながら、補聴器は本来持つ力をサポートする機械でして
持っている力以上の聞き取り力を付加することはできません。

そこで、どのくらい言葉の聞き取り力をお持ちなのかを測定するのが
『語音弁別測定』という聴力測定です。

IMG_5525.JPG

これは聞きやすい音量で、どのくらい言葉(あいうえお)を聞き取れるか測定します。
8割くらい聴きとれる力があれば補聴器での会話聴き取り改善が期待できます。


クラシカエルではお貸出しの前の聴力測定で語音弁別測定を行っておりますので
補聴器を使うことで本当に聞こえが良くなるのかどうか、
お気軽にご相談いただければ、と思います。


しっかり測定して「聞こえのアドバイス」や「補聴器のお貸出し」をさせていただきますので
1時間程度、お時間に余裕をもってご来店ください。
タグ:補聴器
posted by クラシカエル at 09:00| 補聴器